湘南平塚あゆみ保育園

お問い合わせ

あゆみ便り

バケツ稲づくり~苗の移しかえ~

2017.06.17

葉が3~4枚に増えたら、根ごとやさしく苗をぬき、茎が太く育ちのよい苗を4~5本にまとめバケツの中心に植えます。苗を移しかえた後から茎が増えていきます。このような稲の枝分かれを「分(ぶん)けつ」といいます。
次は中ぼし。草丈が40~50cm程度になったら行います。

サワガニとり

2017.06.10

らいおん組ときりん組で、馬入水辺の楽校(がっこう)にサワガニとりに行ってきました。

どこに隠れているのかなと、子どもたちは保育士の後ろを付いていきます。草をかき分けると…「いた~!」と叫び、カニの発見に大喜び!「みせて!みせて!」と興味津々で覗き込みます。逃げる速さに苦戦しつつも、「自分で!」と積極的に捕まえる子や、捕まえたカニを見つめる子。ちょっと怖かった子もだんだん慣れてくると、勇気を出してツン!と触れたり、小さなカニを掴んでみたりと・・・五感で感じていました。

とってきたサワガニは、保育園で世話をしています。みんなの描いたカニの観察画は、あゆみギャラリーに展示しています。

また、カッパがきた!?

2017.05.27

プランターをのぞきこむと…みどり色の卵が!!

カッパさんから?の卵に触れたりにおいをかいだり。

緑色が手につくとカッパパワーがもらえたかも!!とカッパ相撲が始まり大賑わい。お部屋に戻るとカッパさんへ手紙を書いたりお絵描きをしました。

 

あゆみにカッパおやじきたる!

2017.05.27

火曜日の夕方、園庭あそびをしていると、プランターの中に隠れていた卵を発見!!

ひよこの卵?もしかして…カッパの卵?と想像をふくらませる子どもたち。この卵をどうしようかと話し合った結果、元の場所に戻すことに。

そしたら…なんと!!次の日の朝には置いたはずの卵がなくなっていました。

どこに行ったのかなと心配していたらカッパさんからの手紙が届きました!!

カッパさんがたまごを持っているということは…

やっぱりあの卵は…カッパ!?

 

 

バケツ稲作り~土の準備・種まき~

2017.05.20

《土の準備》

連休の間にぐーんと生長した種!

生長の早さに驚きましたが、次のステップへ進むことに子どもたちもワクワク☆

「黒土6赤玉土3鹿沼土1」の割合でまぜあわせ半日かわかします。

かわかすことで、土にすんでいる菌が活気づき稲の生長を応援してくれます。

《種まき》

土をかわかした後は種まき!!

「まぜていい?」と積極的に手を入れてまぜあわせます。

やさしく種を持って、そーっと置くようにまいていました。

大きくなる日が楽しみです。